いちご鼻!毛穴が気になるあなたへ!

 

「クレンジングでちゃんと洗顔しているのに・・・」

 

鏡を見るたび、鼻の”毛穴”の黒ずみが気になるあなたへ!

 

おすすめのメイク落とし(クレンジング)を以下のポイントに絞ってご紹介します。

 

刺激が強すぎない

 

クレンジング後にひりひりしたり、お肌が荒れてしまうことがあります。

 

そのため、低刺激なクレンジングがおすすめです。

 

【タイプ別の強度】

 

オイル〉リキッド〉ジェル〉クリーム〉ミルク

 

※オイルが最も強い

 

そのため、当サイトでは、リキッド、ジェル、クリームをあたりを中心にご紹介します。

 

余計な添加物が含まれない

 

脂性肌・ニキビ肌・敏感肌・乾燥肌、どんな肌質だとしても、着色料、合成香料、鉱物油、エタノールなどの余計な添加物が含まれていないクレンジングがおすすめ。

 

※特に合成界面活性剤入りのクレンジングジェルなど

 

W洗顔不要!

 

  • メイク落としで1回(※油汚れ)
  • 洗顔で1回(※水性の汚れ)

 

とW洗顔は日本人だけ?の独特の文化のようです。

 

ですが、ハッキリいって面倒ですよね(汗)

 

そのため、W洗顔不要のものをおすすめします。

 

 

返金保証あり!

 

いくら人気があるクレンジングだとして、あなたのお肌に合うとは限りません。

 

そのため、返金保証ありのクレンジングを紹介します。
※すべてのクレンジングに返金保証があるわけではないです

 

上記のポイントを中心におすすめのクレンジングをご紹介します!

 

 

いちご鼻にピッタリ!クレンジングランキング

 

マナラホットクレンジングゲル

 

ホットクレンジングゲル

 

 

  • 返金保証:45日間返金保証あり
  • 内容量:200g/2か月分

  • 初回限定:2,990円
  • 通常価格:4,104円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
不要

 

 

マナラホットクレンジングゲルは
着色料、合成香料、鉱物油、石油系界面活性剤、エタノール、パラペン、紫外線吸収剤などが含まれない無添加のクレンジングジェルです。

 

返金保証付き&200g2か月分と容量が多いため、コスパもGOOD◎

 

 

デメリットは?

 

2本で送料無料。

 

1本で送料630円と、2本まとめて売りたい戦略のようです(汗)

 

 

 

【マナラ 公式サイト】
→https://www.manara.jp

 

 

 

リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング

 

美容液クレンジング【リ・ダーマラボ】

 

  • 返金保証:14日以内金保証あり
  • 内容量:150g/2か月分
  • 初回限定:3,076円
  • 通常価格:5,696円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
不要

 

 

※初めての方限定!今ならもう1本プレゼント中!

 

リ・ダーマラボのモイストゲルクレンジングは極小こんにゃくスクラブ配合!
毛穴のよごれをしっかり除去します。

 

また、着色料、合成香料、鉱物油、石油系界面活性剤、エタノール、パラペン、紫外線吸収剤などが含まれいません。

 

デメリットは?

 

通常価格がやや、お高め

 

 

【リ・ダーマラボ 公式サイト】
→http://re-dermalab.jp

 

 

DUOザクレンジングバーム

 

プレミアアンチエイジング

 

  • 返金保証:20日以内
  • 内容量:90g(※1か月分)

  • 定期:1,800円
  • 通常:3,600円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
不要

 

 

モンドセレクション6年連続受賞、売上個数250万個!突破のDUOザクレンジング

 

クレンジング、洗顔、角質ケア、マッサージケア、トリートメントの5つのケアを、これ一つでできるため、ラクチンです

 

 

デメリットは?

 

公式サイトではまつエクはNGとしています。

 

※ただ、まつエクの”色”によると思いますが・・・

 

 

【DUOザクレンジング 公式サイト】
→https://cp.duo.jp

 

 

フィトリフト ホットクレンジングジェル

 

ホットクレンジングゲル

 

  • 返金保証:10日以内
  • 内容量:200g(※60日分分)

  • 定期:2,980円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
不要

 

 

フィトリフト ホットクレンジングジェルは
メイク落とし・洗顔・ホットーマッサージ・保湿ケア・毛穴ケアと1つで5つの機能と多機能です。

 

【フィトリフト 公式サイト】
→http://www.phytolift.jp/

 

ビオルガ クレンジング

 

ビオルガクレンジング

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:150g/1か月〜1.5か月
  • 初回限定:2,990円
  • 通常価格:3,990円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
必要

 

ビオルガ クレンジングは8種類の和漢植物の力でポカポカと暖かくなる、新感覚のクレンジングジェルです。

 

カンゾウ、キハダ、どくだみなど和漢植物にお肌の質感をしっかりケアしてくれます。

 

 

デメリットは?

 

返金保証なし

 

 

【ビオルガ クレンジング 公式サイト】
→https://shop.belleeau.jp/

 

クレンジングQ&A

 

クレンジングの疑問を持つ女性

 

クレンジングリキッドのメリット・デメリットとは?

 

クレンジングリキッドは主成分が水なので、オイルクレンジングなどと比べてさっぱりしているのが特徴です。そのためメイクとなじませてから洗い流しやすいというメリットがあります。その上毛穴のメイクや汚れをきちんと落とせるため、しっかりメイク派の人でも安心して使えるという魅力があります。
多くの肌質の人にぴったりなクレンジングリキッドですが、メリットがある反面デメリットも少々あるため要注意です。例えば汚れがしっかり落ちる分、肌が乾燥しやすい人は汚れだけでなく水分まで取られ過ぎてカサカサ肌になる恐れがあります。そんな時はごしごし擦りすぎないよう注意することと、洗顔後に十分な保湿をすることを心がけましょう。
また、ウォータープルーフのアイライナーやマスカラを多用している人はクレンジングリキッドでは十分に落としきれないというデメリットを感じることがあるため要注意です。落ちにくいポイントメイクをしている人は、クレンジングリキッドでは落としきれない場合があるので専用のクレンジングを併用することでメイクをきちんと取り除くように心がけましょう。
このようにデメリットもいくつかありますが、正しい使い方とお肌のお手入れを行えばクレンジングリキッドは多くのメリットをもたらしてくれます。

 

 

クレンジングジェルのメリット・デメリットとは?

 

洗顔は美しい肌作りのために最も効果的で基本的なことです。日々の化粧落としをする上でクレンジングジェルを使っている女性は多くいます。
まずクレンジングジェルのメリットは、濡れた手でも使えることにあります。クレンジングは化粧落としの効果を高めるために濡れた手で使用しないということが多い中にあっては大変便利です。忙しい毎日の中でつい濡れた手で使用してしまうことがあるのでそれを気にしないというのは大きなメリットです。

 

他にもお肌への負担が少ないというのもメリットです。ただクレンジングジェルにも水溶性のものと油分が入っているものに分かれます。水溶性のものはさっぱりとした仕上がりなのが良い点ですし、油分が入っているものはメイク落ちに優れている点が良いです。

 

反対にデメリットは、オイルタイプやクリームタイプのクレンジングに比べると化粧落としの力が弱いことが挙げられます。肌への負担が少ない分メイク落ちという点が弱いのが難点です。
クレンジングジェルの水溶性タイプは、メイクがもっと落ちにくくなるのでついごしごしと洗ってしまってお肌に摩擦を与えてしまう可能性があります。
油分が入っているものは、水溶性に比べるとメイク落ちが良い分肌に負担がかかる可能性があります。

 

 

オイルクレンジングのメリット・デメリットは?

 

オイルクレンジングのメリットはメイクと同じ油性であるオイルが主成分であると言うことから、メイクへの馴染みが非常に良いと言う点が挙げられます。

 

そのため濃いアイメイクや口紅などもすっきりと落とすことができます。

 

メイクだけでなく皮脂汚れ、酸化してしまった様々な汚れに対しても抜群の洗浄力を発揮すると言うのも、オイルクレンジングならではの特徴です。

 

またオイルが主成分なので洗う際、つるつると指を滑らせることができます。

 

よって肌を摩擦する可能性が低く、摩擦による肌負担が起きにくいと言う点もオイルクレンジングのメリットのひとつです。

 

ただし一般的にオイルクレンジングは、界面活性剤が多く含まれている傾向にあります。

 

この界面活性剤と言うのはメイクに対する洗浄力を高める成分なのですが、一方で肌に負担がかかりやすい成分としての性質も持っています。

 

よってオイルクレンジングは洗浄力が高すぎて、人によっては乾燥肌などのトラブルが引き起こされる可能性もあると言う点がデメリットのひとつです。

 

また指の滑りが良すぎてしっかりとメイクが落とせているかどうか不安になってしまい、結局、必要以上に肌を擦ってしまうことになりやすいのもデメリットかもしれません。

 

この場合、それにより更に肌の乾燥が進行してしまう恐れもあるので注意が必要です。

 

 

炭酸クレンジングの特徴を解説

 

炭酸クレンジングは炭酸の持つ作用を活用して洗う方法ですが、毛穴の汚れが落ちたり乾燥が良くなったりと美肌効果が期待できます。

 

泡に含まれた炭酸でメイクを浮かせて落とす際に毛穴の奥までクリーンにすることができますので、皮脂汚れもしっかりと落とせます。

 

泡のキメの細かさが大きな特徴であり、濃密な泡を使ってマッサージするようにクルクルと手を動かすだけで綺麗に洗い上げることができます。

 

炭酸ならではの特徴は他にもあり、肌に乗せるとシュワシュワとした心地良い刺激があります。

 

その刺激によって肌が活性化されて温かみを感じるようになり、循環も良くなってクレンジングが行き届きます。

 

毛穴の汚れだけでなう、肌表面の古い角質を排出させるように働きかけ、浮かせて落とすという効果も持ちます。ゴシゴシとこすらなくてもターンオーバーを活性化させることが可能ですので、ターンオーバーの乱れがちな肌をケアしたい時にも最適です。

 

炭酸の効果で新陳代謝を向上させることができますので、美肌へと導いてくれます。炭酸に含まれる二酸化炭素を排出するために血管が拡張されて血液の流れが良くなることで老廃物の排出も進みますので、くすみのない肌作りが行えます。

 

 

 

ふき取り式のクレンジングの特徴を解説

 

ふき取り式のクレンジングは、ローションタイプのクレンジングがコットンにしみこませてあるのが特徴です。

 

それにより、コットンでメイクをふき取るだけでメイクを落とすことができます。

 

メリットは、簡単で手軽に使うことができるので、時間がないときのメイク落としや外出先でのメイク直し、キャンプ場や機内など水がない場所でもメイク落としが可能なことです。

 

メイクをしたまま寝てしまうことは肌にとても悪い影響があるので、帰宅してすぐ寝たいときにもおすすめですし、コンビニでも手に入るので急な外出時にも便利なクレンジングといえます。

 

逆にデメリットは、アイメイクなどの濃いメイクが落とせないことがあります。ただ商品によっては、ポイントメイクも落ちるほどの機能があるものもあります。

 

また、ふき取り式は汚れをしっかり落とそうと強い力でふき取ってしまうと、肌への摩擦力が大きくなってしまいます。そのせいで皮脂や角質層にダメージを与えてしまい、乾燥肌、敏感肌の原因になってしまうことがあるので使い方には注意が必要です。

 

ふき取り式クレンジングは、これらのメリット、デメリットがあるため、時と場合に応じて使い分けて利用するのがおすすめです。

 

クレンジングクリームのメリット・デメリット

クレンジングクリームのメリットとしては、第一に肌に対して低刺激であるということが挙げられます。

 

クレンジングクリームの場合に刺激の強いオイル成分の配合量が低くなっているので、肌が弱い人でも敏感肌の人でも、比較的安心して使う事が出来るでしょう。

 

またクレンジングクリームの中にはマッサージに使用する際に使えるものもあるので、このような物を選ぶことでクレンジングとマッサージを同時に行うことが出来るというメリットもあります。

 

また保湿効果にも優れているので、肌の突っ張り感が少ないという魅力もあるでしょう。

 

反対にクレンジングクリームのデメリットとしては、メイクの落ちが強いオイルがあまり配合されていないため
、メイクの落ちがあまり良くないこと挙げられます。

 

べたつきを感じるため、べたつきが苦手な人にとってはこの点もデメリットとなるでしょう。

 

またアイメイクやポイントメイク、ウォータープルーフ、日焼け止めなどを使っている時には、洗浄力が弱いため、複数回の洗顔が必要となり、
少々面倒であるという事もデメリットとなります。クレンジングクリームを使用する場合にはメイクを肌に残さないように、しっかりと注意する必要があります。

 

ダブル洗顔って必要?不要?どっち?

ダブル洗顔が必要かどうかは、クレンジングの成分によります。

 

油分の多いクレンジングはメイクの汚れ落ちが良い分、しっかりと油分が肌に残ってしまいます。

 

水やお湯で洗ったときに水分とうまく乳化して洗い流せる成分がクレンジングに入っていれば、ダブル洗顔は不要になり洗い上がりもさっぱりします。

 

つまり、クレンジング剤が水分とよくなじみ、油分が肌に残らなければお肌が痛めることもありません。

 

ダブル洗顔は必要か、不必要かはどっちがいいとも言えず、使用しているクレンジングやその人の肌質によって決まってくます。

 

逆にダブル洗顔をすると、お肌の油分を取りすぎて乾燥する、つっぱるそしてお化粧ののりが悪くなる人もいます。

 

そういう人は、うまく水と馴染んでくれるクレンジングに変えて、ダブル洗顔不要にすると肌の調子がとても良くなります。

 

クレンジングは水と馴染ませると白くなりさらっと流れさっぱりとするものを選んでみましょう。

 

そして、ニキビのできやすい人は、しっかりとダブル洗顔をして、毛穴の汚れを翌日に残さないように気をつけることが大切です。

 

ダブル洗顔をするなら自分のお肌の状態を確かめて角質やうるおい成分をとりすぎないように、季節によって変えることも必要です。

 

 

お肌や美容の悩みQ&A

 

美容について気になる人

 

乾燥肌になる理由とは?

 

乾燥肌に悩む方も少なくありませんが、乾燥する原因としては「肌のバリア機能の低下」が挙げられます。

 

肌の表面には薄さ0・02ミリという薄さの角質層があり、ラップのような役割をしています。この角質層のキメが整っている事で、肌内部に外的刺激のダメージがかからず、また肌内部の水分も蒸発しにくくなるのです。

 

しかし、角質層のキメが乱れて肌のバリア機能が低下してしまうと、水分が外へと逃げてしまい乾燥肌になってしまうという仕組みです。

 

また、肌のバリア機能の低下だけでなく、女性の場合は「過剰なスキンケア」によっても、肌が乾燥してしまうケースがあります。

 

強くマッサージをしたり、長時間パックをする、コットンで叩くように化粧水を染み込ませるといった過剰なスキンケアを行うと、角質層のキメが乱れてしまったり肌が持つ保湿機能が低下して、肌の乾燥が進んでしまいます。

 

肌に良いと思ってやっていたケアが、かえって肌を傷めてしまう事もあるので注意しましょう。

 

逆にスキンケアを全く行わないというのも、肌質によっては乾燥肌を招きます。

 

化粧水で水分を与えた後に乳液やクリームで、与えた水分を逃さないように蓋をするといった、基本的なスキンケアを行いましょう。